農家さん訪問!赤土の大地の農家さんに会いに行く後編

舘山寺園でランチ:うなぎ

舘山寺園でランチ:うなぎ

浜松市で八百屋の

産地研修・後編!

 

浜名湖のほとりにある舘山寺園(かんざんじえん)

でランチ休憩を取ったあとは、再び農家さんを

訪ねます。ちなみにこの場所、舘山寺(かんざんじ)

という地名のという字にピンときた人はいるかしら?

そう、俳優の舘ひろしさんのご親戚の方が経営されて

いるらしいです(次郎さん情報。マジかーーー!)

>>うなぎ湖畔食房舘山寺園

卸売業を営むたちばなファームさん

浜松市北区根洗町でみかんなどの柑橘を中心に

農産物卸売業を行っている、たちばなファーム

さんにお邪魔しました。

たちばなファームさん

たちばなファームさん

いろんな農家さんが育てた柑橘をはじめとする

農産物を集めて卸売するというスタイルの

農業法人さん。とはいえ、農業のプロなので

敷地内でご自身の作物も育てられていました。

岩井さん@たちばなファーム

岩井代表@たちばなファーム

柑橘が数種類。

下草を生やしたままの草生栽培ですね。

地面はココもカッチカチの赤土。

柑橘畑@たちばなファームさん

柑橘畑@たちばなファームさん

この敷地内の作物は息子さんが主にやられ

ているそうです。柑橘が数種類に、インゲン。

インゲン畑@たちばなファームさん

インゲン畑@たちばなファームさん

なぜインゲンを育てているのかと聞くと

「ここらの人がやってないからですねー」

なるほどなーー。そして、アブラムシとの

戦いのご苦労を聞かせていただきました。

そりゃー食べに来るよねー。美味そうだもん。

インゲン豆@たちばなファームさん

インゲン豆@たちばなファームさん

そこまで広くない畑でしたが、

たわわに実ったインゲンを収穫するのは

想像を絶する大変さ!収穫の時期だけ

パートさんをお二人ほど雇っているのだとか。

岩井さん(ご子息)@たちばなファーム

岩井さん(ご子息)@たちばなファームさん

いやー、それでもすんごい量よ!

インゲン豆の花

インゲン豆の花

貴重なお話を伺って、ふと見ると変わった実が

なっている木が。「あー、そりゃあオフクロが

趣味でやっているアーモンドだよ」一同、俄然

大興奮。

落果した若いアーモンド

落果した若いアーモンド

「こうやって成っているのかー」

「すっごーーーーい」「ふおおおおお」

「バラ科の実っぽい!」⇒「バラ科だよ」

岩井代表

「実が熟して自然に落ちて、種の周りの実が

ドロドロになったら食べごろね」

一同

「ほおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

アーモンドの木

アーモンドの木と果実

いろいろ興味深いお話を伺ったあとは

パートナーとも言うべき渥美農園さんの

果樹園に移動。山だぜ。

みかん仙人!渥美さん

柑橘の達人:渥美さん

柑橘の達人:渥美さん

とんでもない広大な山の斜面に、みかんを

はじめとする柑橘類を栽培されている。

渥美さんの黄金柑(おうごんかん)、今年は

素晴らしい出来だったなー。まさに、みかん仙人

といった風貌のカッチョ良い方でした。

急勾配な山の斜面の果樹畑@渥美農園さん

急勾配な山の斜面の果樹畑@渥美農園さん

ココから見えない麓までみかん類の

木が植わっている。とんでもない量。

ここ以外にも何ヘクタールもの果樹園が

あり、それらをご子息とお二人で切り盛り

されているそうです。マジっすか!ハンパねーー。

草生栽培なので昆虫もたくさんいる

草生栽培なので昆虫もたくさんいる

こちらも除草剤を使わず、下草を生やした

ままの草生栽培。年に4回ほど草刈りを

するんだそうな。

みかんの木@渥美農園さん

みかんの木@渥美農園さん

みかん栽培へのこだわり、みかんLOVEな

お話をたくさんお聞きできました。

かっこいいぜ。

マンゴー&柑橘職人・足立さん

静岡の系列会社に表敬訪問してパイナップル

などを頂いて少しお話した後は、すかさず

移動。最後の訪問地に向かいます。

足立果樹農園:足立さん

あだち果樹農園:足立さん

山の中、浜北区の大平で果樹園を営まれている

足立果樹農園さん。マンゴーをはじめ、次郎柿

(大平の気候が適しており一大産地)や柑橘類を

作られています。

アーウィンマンゴー@足立果樹農園さん

アーウィンマンゴー@足立果樹農園さん

足立さんのフルーツはどれもこれも美味い!

なかでもご自身が最もお好きな作物は

ご自宅にあるハウスで育てられている

マンゴー。なんと、静岡県でも南国の

果物が作れちゃうんです。しかもほぼ

独学で!栽培技術を習得されたそうです。

マジハンパねー。

実を一つずつ紐で釣り上げる@マンゴー

実を一つずつ紐で釣り上げる@マンゴー

「とにかく、バナナみたいに果実の表面に

黒い斑点が出て柔らかくなった時が一番

美味いんだわ。見た目で選ばずに食べごろで

是非食べて欲しいな」とのこと。マンゴーは、

追熟(収穫後に熟度を上げる)して食べようぜ。

生産物のライナップ@足立果樹農園さん

生産物のライナップ@足立果樹農園さん

足立さんには超絶面白いお話を沢山

お聞きしました。骨太でゴッツイ職人さん

といった感じの農家さんでした。凄腕だぜ。

足立さん

足立さん

>> あだち果樹農園

 

まとめ

いやー楽しい楽しいお勉強研修日帰り

旅行でした。ふだん販売している農産物の

生産者さんに直接、現地でお会いしてお話を

聞けるというのはとても貴重な体験です。

現地の空気を吸って、環境を知り、育て方の

お話を伺う。

 

知ることで、さらに湧くのが愛着。

美味しいものを育てられる方を無条件に

尊敬するし、込められたこだわりや技を

目の当たりにして愛着がさらに深まりました。

産地研修、バンザイ!

筆者:ひじき石塚@浜松駅

筆者:ひじき石塚@浜松駅

ちょっぴり注意

食育活動の一環ということでこのブログで

農家さんをご紹介させていただきました。

いきなり面識のない人が押し寄せても、忙し

すぎて相手にされないか、お話を聞いたり出来

ないかと思いますので、ご注意をば。

かじられた犬小屋@足立さん

かじられた犬小屋@足立さん

凶暴でラブリーなワンコが

いきなり現れるかもしれないよ笑

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です