他人のコンサートを熱心に見ない理由

そんなに面白くないから

ひじきの極論。

ライブパフォーマンスを14年やってきた結論

バンド活動を14年やってきて今更ながら

気がついたこと。他人のコンサートを見る

行為にそんなに面白みを感じない。だもんで

自分からすすんで見に行ったりはしない。

ロッケンローラーだが、友達のバンドマンの

コンサートも見に行かないし、有名人の

コンサートも見に行かない。ファンなのに

見に行かない。

面白くない理由①分析の癖がついているから

分析マシーンに変身してしまうから。

プレーヤーの一挙一投足、音作り、

MC、曲選びなどなど全てを分析しちゃう

クセがついているから。

だもんで、見てても面白くもなんともない。

面白くない理由②つまらないから

そのまんま。ただの演奏を見てもなんとも

思わない。そよ風程度しか心揺れない。

超地球レベルのスーパースタークラスの

演奏なら心燃えるけど。

普通の演奏だけのバンドスタイルから、自主

企画を開催するようになり、CD作りのプロ

デューサーみたいなこともしたり、演奏以外

でも演出をどんどんエスカレートさせた。

行き着いた先はエンターテインメント性を

取り込んで、観客参加型の食育ロックコンサート

を開発してしまった。

その結果、

ステージが意外性とロッケンロール性に富んで

面白くないと燃えないようになってしまった!

なんともはや。しょうがないけど仕方がない。

まとめ

コンサートを熱心に見ないのは、分析グセ

があるのと飽きちゃったから。プレーヤー

として、演出を考える立場からとしてしか

他人のコンサートを見られなくなったから。

自分がやる身になってみないと分からん

ことはある。

 

音楽をプレイするようになる前は、パンクの

コンサートに足繁く通ってモッシュ&ダイブを

楽しんでいたってのに。

 

POPSやロックコンサートを見には行かなく

なったけれど、他ジャンルや他の業界の

エンターテインメントのステージや出し物は

熱心に見る。超勉強になるぜ。

補足

ちなみに、相棒のパンジー関は皆さんと

同じで、誰のでもどこにでもめっちゃ見に

行っていますのでご安心を。誘うなら

パンジー誘っといて。

 

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

ワラビーズからのお知らせ

★ブログ毎日更新3年目突入記念!超豪華読者プレゼント6/30まで!!

★アマランサス好きと新曲MVを作ろう企画

★練馬でブルーベリーを狩ろう!親子で食育イベント7/19

 

Follow me!