美味しいゴーヤーの簡単な見分け方3選~八百屋が教える豆知識~

①太さが均一でブッとく大きい

②イボイボが綺麗で濃い色

③ハリとツヤがある

美味しいゴーヤーの効能とは

夏は、この苦ーーーいウリがたまらんぜ!

ゴーヤーチャンプルー最高ッ!!!

ゴーヤーは南国沖縄から広まった夏野菜の

スーパースター。加熱調理をしても壊れにくい

豊富なビタミンCが免疫細胞の働きを高める。

苦み成分のモモルデシンが食欲増進効果、熱中症

予防などにも役立つ。

この2つで強力に夏バテ予防になるそうですよ。

ゴーヤーはどこ見て買えばいいの???

①太さが均一でブッとく大きい

迷ったら形が整ってサイズの大きいものを

選びましょう!ひょろひょろんとしてたり、

形のバランスが悪いものはパスしましょう。

大きいいのは栄養たっぷり蓄えてるし、食べる

ところが多いし(笑)

②イボイボが綺麗で濃い色

採れたて新鮮なものは、当然イボイボ

も元気でぷりぷり。売り場で奥さん方の

厳しく激しいチョイスに耐えられずキズが

ついて表面が傷んでしまうのよ。それが数日

続けば当然、へとへとになっちゃう。容赦なく

ガスガスと選んだりしてませんか?ゴーヤー

ちゃんはめっちゃ繊細ですぜ。色身に関しては

経験上、濃いものの方が美味しいですね。

③ハリとツヤがある

これまた新鮮さの見分け方。

ピッカピカで色味がしっかりしているのが

苦くて美味いぜ。あまり大きな声では言え

ないんだけれど笑、新鮮なものは実も詰まって

元気なので、真ん中あたりを押してもハリが

あるのよ。(でも、スーパーなどで押しま

くっていると店員さんもゴーヤーも悲しむので

ほどほどに笑)

サイズに関してはアバシゴーヤーという例外もあり!

太さが均一でブッとく大きい
だけじゃない?アバシゴーヤーもあるよ

寸詰まりでぷっくりしていて、普通種?の

2回りほどもサイズが小さいものもあります。

その名もアバシゴーヤー。

アバシゴーヤー(イラスト:ひじき石塚)

アバシゴーヤー(イラスト:ひじき石塚)

沖縄の方言でアバシ=ハリセンボンなの

だそう。あれね、トゲトゲのかわいい

ぷっくりとしたフグのことね。

 

イラストではかなり誇張して寸詰まりに

描いてますが、実際は普通のゴーヤーの

縮小版みたいな個体もあります。

苦みが普通種に比べて少なくて食べやすく、

本場沖縄県では主にこちらがゴーヤー!

として出回っているそうですよ。

まとめ

①太さが均一でブッとく大きい
②イボイボが綺麗で濃い色
③ハリとツヤがある

こんな美味しそうなゴーヤーを

選んで元気に夏を乗り切ろう!!

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー
今井いちご店 イラストレーター

ひじき石塚

~ 今週の食育ニュース ~

ワラビーズからのお知らせ

★アマランサス好きと新曲MVを作ろう企画

★練馬でブルーベリーを狩ろう!親子で食育イベント7/19

スケジュール

◆7/16(月)高島平住宅展示場
◆7/19(木)わらび祭り外伝~練馬でブルーベリー狩り2018~
◆7/28(土)食育ロックコンサートin渋谷区のよてい

Follow me!