灼熱の夏場に食中毒菌にヤラれないために家庭で多用しているキッチングッズ

次亜塩素酸ナトリウム

通称、キッチン用漂白剤

キッチン用漂白剤(撮影:ひじき石塚)

キッチン用漂白剤(撮影:ひじき石塚)

食べ物で食中毒を招く原因は

・調理の不手際

・食材管理の不手際

・調理器具の不手際

・知識、認識不足

などがある。

 

以上のうち、家庭内で頻繁に起こり

えることは生焼け、腐敗しているもの、

菌が増殖しやすい環境で放置してしまった

ものを誤って食べてしまうことなどなど。

さらに加えると、包丁やまな板、食器

を置く場所に菌が増殖してヤラれて

しまうケース。

 

そこで、しょっちゅう使っていて手放せ

ない食中毒対策のグッズはコレである。

次亜塩素酸ナトリウム

通称、漂白剤。

 

ひじきの場合、食材管理は目と舌と鼻で

敏感に対処できる。

でも、目に見えない菌類は恐ろしい。

そこで、こいつの出番。長年いろんな

調理の現場で働いてきてどこでも使っていた

のがコイツだ。食中毒菌に強いんだよねー。

ノロウィルスもコイツじゃないと消毒でき

んしね。

 

お肉を切ったら漂白。

魚を切ったら漂白。

水筒をちょいと使い込んだら漂白。

食器を乾かすザル的な奴も漂白。

排水溝も洗って漂白。

 

どえらい効くんで換気をしっかりしよう。

そして、洋服につくと一瞬で色を奪って

いくので要注意。使った後はよく洗い流そう。

 

我が練馬ひじき城で季節を問わず

キッチンに常備している武器である。

この記事を書いた人

撮影:パンジー関

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー
今井いちご店 イラストレーター

ひじき石塚

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ

Follow me!