初期の音楽活動に必要なギターの本数は何本?

演奏スタイルや仕事の

性質にもよるが

オーソドックスな

活動の場合

3本あれば足りる

シングルコイル1本
ハムバッカー1本
アコースティックギター1本

音楽を仕事にするうえで初期にこれだけあれば足りるギターの本数は3本

《理由】

狙った音色がこの3本あればだいたい補えるから

演奏ジャンルや演奏スタイルの差

こそあれ、まともなギターを

3本もそろえておけば大方の

奏法やジャンルを補える。

 

仕事として活動するうえでも機材投資は

慎重にしよう。本当に必要なものだけ

必要な時に導入するべきである。

大まかな分け方

細く尖って繊細な音 ⇒ シングルコイル

太く甘くヘヴィーな音 ⇒ ハムバッカー

アコースティック ⇒ アコースティックギター

 

この3つがあれば音楽仕事も

演奏もほぼほぼイケる。

もちろん、JAZZをメインに

やられる方はフルアコをチョイス

したり。

 

活動初期に本数で勝負するのは

投資として危険だし、無駄。

仕事としてどうしても必要不可欠

な時に導入を検討するくらいでちょうどよい。

 

必要なのは、機材の前に演奏技術。

楽器はしょせんただの道具。

演奏する人自身の技術ありき。

 

とはいえ物欲が襲い来る

そんなときは、懐と家族と相談して

平和な解決策を検討しよう笑。

 

 

 

ひじき写真コンテスト開催中(8/3正午まで)

食べ物ソングを勝ち取れ!ひじき写真コンテスト開催

今週の食育ニュース:プルーン

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ

Follow me!