流しそうめん:食育写真館

流しそうめん(撮影:ひじき石塚)

流しそうめんマシーン(撮影:ひじき石塚)

LUMIX DMC-G8  標準ズームレンズ
f5.6  1/125秒 ISO2000  -0.3  55mm

 

流しそうめん。日本の夏の風物詩。

半分んに割った竹に水を流して

そうめんをツルツルと滑らせながら

箸で掬って食べる。和風の極みの様な

見た目と食べやすい冷たいそうめんが

老若男女に一時の涼を与える。風流だぜ。

 

宮崎県の高千穂峡で始まったとされている

そう。野良仕事の合間に、竹と岩清水!で

農家さんが楽しんでいたんだそうな。

 

ちょいとカロリー高めのそうめん。

いろんな薬味などをトッピングして

風味も栄養バランスもアップしながら

食べるのがおススメである。

そうめんを流して食べる(撮影:ひじき石塚)

そうめんを流して食べる(撮影:ひじき石塚)

実は筆者は、そうめん嫌い。あの細くて

頼りない食感やキンキンに冷えている

麺に疑問しか持っていない。

幼少期に夏場に大量に食べさせら

れたからなのかどうかは分らない。

今回、10数年ぶり?くらいに食べてみた。

そうめんを食べるひじき石塚(撮影:パンジー関)

そうめんを食べるひじき石塚(撮影:パンジー関)

・・・。

そうめんをお替りするひじき石塚(撮影:パンジー関)

そうめんをお替りするひじき石塚(撮影:パンジー関)

・・・・・・。

素麺をそこまで嫌わなくても

いいのかもしれないと感じた

夏の出来事である。

ひじきと素麺(撮影:パンジー関)

ひじきと素麺(撮影:パンジー関)

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト

ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

ワラビーズへの出張!食育ロックコンサートの
ご相談、ご依頼。ひじきデザインへのご依頼などは
こちらからどうぞ。

今週の食育ニュース: 梨

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ

Follow me!