冬を生き抜け!都会の厳冬サバイバル対策

寒さ対策

1.寝るときに厚手のあったか靴下を履く
2.窓からの冷気の侵入を防ぐ
3.床からの冷気をどうにかする

 

都会の築数十年の素敵なお城(練馬ひじき城:
木造アパート)で暮らしている。立地も住み
心地も日当たりも風通しもおおむね気に
入っており、このまま住み続けていてもいいなー、
とのんびり構えている。

だが、冬が来る。
生き延びることが最優先の厳しい冬が。

木造で築数十年の素敵なお部屋なので
断熱材?ナニソレウマイノ?状態。
毎年必死こいて防寒、越冬対策をする。

ちなみに、暖房器具は嫌いなので極力つけない。
なので、人力で対策を施すのだ。

 

1.寝るときに厚手のあったか靴下を履く

寝るときに最も体温が下がるからね。
足先って意外と冷えている。24時間
あったかポカポカ野郎以外におすすめ。
履くだけであら不思議、めっちゃぬくい。
裏起毛のふんわりしたやつで、寝ている
ときに動いてずる剥けしないくらいの
フィット感のあるものが推奨。

2.窓からの冷気の侵入を防ぐ

梱包材のプチプチの巨大バージョン
みたいなやつを窓に貼るべし。
ただし、ガラスに針金が入っている窓は
夏場に貼りっぱなしだと表面温度が上がり
すぎてひびが入って割れちゃうので要注意。
(以前実際に割れていて、退去するときに
エライお金を請求された涙)
厚手のカーテンと薄手のカーテンを効果的に
使うのも重要。

3.床からの冷気をどうにかする

床暖房を入れましょう(無理)。
そんな人は、ラグの下に断熱効果のある
発泡シートを敷いておこう。
厚手のラグと発泡シートとクッションで
お尻を守ろう!

 

まとめ

めんどくさい人は素直に暖房を炊こう笑。
なるだけナチュラルに季節を乗り切りたい
という筆者のような変人向けにご提案した
次第です。ま、みんなやってるよね。
あとは、ブランケットは超大事。数枚
用意しておこう。ひざ掛けは心の友と呼ん
でも良いであろう。

ちなみに、ワラビーズのパンジー関の
部屋は練馬ひじき城よりもさらに厳しい寒さ。
なんなら外より寒い。(同じ東京都練馬区在住)
冬場は畳の上に直接座ってものの数分で
感覚がマヒしてくるほどに生死がかかる
恐ろしい部屋。彼は潤沢に膨大に電気代を
消費し、北極で着用するような恰好をして
日夜、音響エンジニアリングをしていたりする。

オムレツ書道創始者:パンジー関

オムレツ書道創始者:パンジー関

みんな、冬を生き抜け!

 

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
心を動かして行動させるデザイン ひじきデザイン
今井いちご店 イラストレーター

ひじき石塚

今週のわらびボイス:キッチン便利グッズ紹介!

ワラビーズ2018秋の予定

◆10/19(金)食育の日!わらび祭り外伝 参加者募集中!
11/11(日)第11回東京都食育フェア
11/18(日)東京都清瀬市の商業施設
11/21(水)千葉県船橋市の保育園
11/25(日)子育て記念日

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ

Follow me!