木が切り倒されるのを見る話

木が倒される

でっかく育った木々が
切り倒されるのを見ると
無性に寂しくなる

近所の誰も住んでいない豪邸が
更地になってしまった。
かなり古くから住まれていた
土地のようで巨大な木々が
生い茂っていた。横を通るたびに
その威容をながめてホクホク。

ところが、地権者の方が立て直すためか
手放されたのだろう。ある日、壁に工事の
お知らせが貼られ、数日後に解体業者が
入った。ものの二日で豪邸は取り壊されて
更地になり、庭にも重機の手が入る。

こういう風景を見ると、分かっちゃいるけど
胸が痛む。人様の土地だし、自分の木でも
なんでもない。新たに歴史が紡いでほかの
家族の人生や樹々も育つのかもしれない。

とはいえ、そのでっかく育った木はどうなん?
かれらにも歴史があり、言いたいこともあるだろう。
ないかもしれんが。

どうにもならんことだけれど、
こういうことに心が動くのだ

 

 

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
心を動かして行動させるデザイン ひじきデザイン
今井いちご店 イラストレーター
ひじき石塚

わらびマガジン3無料配布中!

>>新作セルフマガジンが完成したので無料配布ご予約カモン!

わらびマガジン3

わらびマガジン3

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント

Follow me!