オモシロ準備体操で体幹を温めて最高のパフォーマンスを発揮しよう

食育ロックコンサートの準備体操を
していて発明した体幹から温めて
最高のパフォーマンスを発揮できる
オモシロ準備体操

食育×ロック ワラビーズ

考案者は、親子で楽しめる食育ロックの
ワラビーズGt,Vo.ひじき石塚さん(東京都練馬区在住)。
幼稚園や保育園などに出張し、食育がテーマの音楽
イベントを開催する活動の中でどうすれば効率よく
楽しく体をほぐして温めて声を出しやすくできるの
か、激しいアクションや動きのパフォーマンスを
上げることができるか考えた末に発案した。

「ボイトレの基本である体幹の使い方、体の
ほぐし方を自分の感性で準備運動にして
みたかったんです」

いつもはコンサートの1時間前から体をほぐしたり
準備運動をしはじめる。狭い楽屋や人の目に触れる
ことのない空間があったからこそ、このあられもない
動きが生まれたそうである。

準備体操(撮影:mitsumi.)

準備体操(撮影:mitsumi.)

いつでもユーモアを忘れないという
モットーがある。準備運動ですら面白く
有効なものにしたかったそうで送り出した
過去の作品には大いに満足をしている。
「動画で上げたものは、ほんのごく一部です。
理由ですか?再現するのがしんどいんですよ笑」

筆者もやってみて分かったのだが、ひじき体操は
かなりハード。ユーモラスな動きにもかかわらず
意図する体幹の筋肉が悲鳴を上げる。恥ずかしながら
息も切れるほど。

「これをコンサート前にやることで動的ストレッチ
にもなり、声を出しやすくなるボーカルパフォーマ
ンスをする人や声を出す方におススメな準備運動
なんです」

寝そべっても山菜ポーズ

寝そべっても山菜ポーズ

効果の真偽のほどはぜひ実際にやってみて実感して
ほしい。少なくとも、やっている姿を誰かに見られた
ら正気を疑われるか、爆笑の渦になるかであるかも
しれないが。実際のワラビーズでのひじき石塚さんの
パフォーマンスはこんな具合である。

最後のジャンプ

最後のジャンプ

最後に、考案者のひじき石塚さんはこう話す。

『胞子を信じるのだ。胞子とともにあれ』

 

ハイタッチ

ハイタッチ

◆山菜ロッケンローラー・ワラビーズHP
◆ワラビーズYoutube
◆オモシロ準備運動再生チャンネル

 

~山菜胞子新聞2018年3月31日号より引用~

ジャンプした後に取り囲まれるひじき石塚

ジャンプした後に取り囲まれるひじき石塚

======

※記事はフィクションです。
フィクションですが、柔軟性を
高めるのと体幹を鍛えるのには
役立つ気がするよ。

======

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
かさこバンドTHE PINK HEARTSギタリスト
ひじき石塚

 

 

 

食べものをテーマとした食育ロックコンサートは
歌の演奏だけではなく、食育ゲームやクイズ、
ダンスなどで参加して体験しながら食の面白さに
親子で気が付けるステージ。体験型のコンサートで
小難しいこと抜きにまずは楽しんでもらえます。
お家に帰ってからも思い出して遊んだり歌ったり
で食に親しめちゃいます‼

ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズ

ワラビーズ

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

Follow me!