ココが違う!軽音バンド2タイプの見分け方

ココが違う!軽音バンド2種の見分け方

軽音楽のバンドには
主に2種類ある

1:全員が全人格をかけて火だるまに
ぶつかりあって作り上げるタイプ

2:リーダーの世界観を最大限に生かす
ために作り上げるタイプ

ママベジタブル(撮影:mitsumi.)

ママベジタブル(撮影:mitsumi.)

ワラビーズは1番目に分類される。
お互いを尊重しつつも、理想以上のものを
目指し、
血みどろの火だるまになって全力で
ぶつかり合って15周年。
そして、もう一つ関わらせていただいて
いるのが、かさこバンド・THE PINK HEARTS
こちらは2番目に当たる。

このピンクハーツは、メッセージソング
ライターとして確固たる世界観と活動の
軸があるかさこさんの音楽活動における
不定期にやるバンドバージョン。

自分がこのバンドにギタリストとして参加する
うえで
大事にしているのは、かさこワールドを
より魅力的に、分かりやすく、カッコよく
世間に伝えるための表現。
ひとことで言うと、かさこを輝かせる!

自分がピンクハーツで考え、目指しているのがこれ。

ピンクハーツ用メガネ(撮影:ひじき石塚)

ピンクハーツ用メガネ(撮影:ひじき石塚)

料理で例えてみる

軽音バンドの特徴2:リーダーの世界観を
最大限に生かすために作り上げるタイプ
これを料理で例えてみよう。
素材を生かすことが、美味しさを引き出す

調理の最大の役割

美味しい上等なお肉があるとする。
ゴテゴテと余計な味付けをしてしまうと
素材の魅力を半減してしまうかもしれない。
素晴らしいお塩と胡椒とニンニクと油と
絶妙な火加減で最高のステーキになるよね。
じゅわ~~~~

もちろん、シェフ(バンドのリーダー)が
コッテコテの味付けで変化球で攻めようぜ!
って話なら
別だけど。

特徴1の場合は、数人のオーナーシェフ同士が
ひとつのキッチンで一皿の料理をつくる、
というシチュエーションかな。ああ恐ろしや笑。

まとめ

2種類ある軽音楽のバンドタイプ。

1:全員が全人格をかけて火だるまに
ぶつかりあって作り上げるタイプ

2:リーダーの世界観を最大限に生かす
ために作り上げるタイプ

どちらも最初から理解して参加するのなら
無駄な葛藤も少ないだろう。

かさこさんが作って歌っている既存曲を
やるわけだけれども、こんな感じにバンド
練習で曲を作り上げている。

4/14(日)北参道ストロボカフェ
かさこバンド・THE PINK HEARTS
ワンマンコンサートがある。かさこファン、
かさこ曲ファンはもちろんだが、
ひじき石塚のチビッ子向けではない
別のカタチの音楽表現をぜひ見に来て欲しい。

2019/4/14かさこバンドThe Pink Heartsワンマンライブ開催!
ピンクハーツ(撮影:mitsumi.)

ピンクハーツ(撮影:mitsumi.)

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
かさこバンドTHE PINK HEARTSギタリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

Follow me!