ホントに必要?機材を買うときに最優先すべきこと

機材を買う際に最優先すべきこと

音楽の機材を
新規導入する際は
必然性が最優先

 

音楽をはじめ、仕事としていることで
機材を新規に買う際に考えるべきこと。

○○がとにかく欲しい!なんとなく手に入れたい!
バリエーションが・・・などの理由ではなく
必然性で考えよう。

ひじき石塚の機材(撮影:ひじき石塚)

左隅のお弁当箱みたいなグレーの箱がソレ(撮影:ひじき石塚)

音楽の機材投資は最近全然していなかった
のだが、そろそろ頃合いかと思い物色。
それは、ギターをスピーカーまでの間に繋ぐ機械。
音を出す装置をデジタルで再現したマシーンで、
アンプシュミレーターと呼ばれている。
こいつを旧タイプから新しいものに変えようかと。
時間があるときにネットで探っている。
【理由】
・現行の5年ほど使い込んだマシーンが
壊れる前に
代わりのモノを用意したい
撮影:mitsumi.

撮影:mitsumi.

今使っているものは5年ほど使っていて全く問題
ないのだが、装置の中身はデジタルなので
いつまでも古いものを大事にしていても別にいい
ことがない。新しいものほど技術が進歩して
質が良くなっていくのだ。(アナログの装置では
ないので市販されている同じものでも代わりに
なるし)
それに壊れる前に新規のを導入して
おきたいという
保険もある。
ソーセージハムベーコンをうたおう!

ソーセージハムベーコンをうたおう!

音楽は趣味ではなくライフワークであり、本業。
ワラビーズという親子向け食育ロックバンドで
食育ロックコンサートを開催したり、楽曲制作
をしている。
撮影:パンジー関

撮影:パンジー関

機材を導入するのは、本当はめっちゃ楽しい笑。
選んでいる間も、考えている間も至福。
とはいえ、お仕事となると、それを使っていくら
稼げるの?今すぐに絶対何が何でも必要なの?
ってのが先にくる。
それ、投資なの?消費ナノ?
無駄に買いまくるほどの余裕もないし。
(ある人は自由にエンジョイしてね)
ワラビーズの食育ロックコンサートでは、
歌とギターのみ生演奏というスタイルで
場所を選ばずにステージができるというのが
強み。それを支えるのが質の良いこの機械。
これがあると、ドでかいアンプ(ギタリスト
の後ろにあるタンスみたいな箱
が無くてもスピーカーと音を振り分けるミキサー
という音響機器があればコンサートができるのよ。

まとめ

機材を新規導入する際は必然性が最優先
活動を支える必須の機材。
壊れる前に新規の代替品を導入するのは、
投資と考えている。
この考え方って、音楽に限らずにほかのジャンル
でも当てはまるのではないだろうか。
撮影:mitsumi.

撮影:mitsumi.

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
かさこバンドTHE PINK HEARTSギタリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

Follow me!