飲食関係の全員に読んで欲しい本◆捨てないパン屋/田村陽至

飲食関係の全員に読んで欲しい本◆捨てないパン屋/田村陽至

「 捨てないパン屋 」 
著者 / 田村陽至

清流出版 2018/11/18
Amazonリンク

借金を抱えたパン屋を再建、年商2500万円に!~本文帯より引用~

その仕事は惰性じゃないのか?
本当に幸せになる働き方なのか?
自分の作ったもので誰をどうしたいのか?
考え直される強烈な本。

広島県で3代続く人気のパン屋を嫌々と渋々
と継いだ筆者が、いかに手を抜いて質を高め、
濃いファンだけを喜ばせるお店を作り上げて
廃棄を一切出さない!(あり得ないほどスゴイ)
パン屋をどうやって築いてきたのかを
読みやすい
文章でつづるお話。なんと、一日の労働時間は
パン屋さんなのに4時間ですって。おったまげ。

食品廃棄、忙しい現代人の働き方、パンから巡る
食の歴史、お金の話などについて広島県のパン屋、
ブーランジェリードリアンの店主・田村さんが語る。

自論ゴリ押し、こうあるべき論、正論振りかざす
感じではなく、さら~っと書かれているので
暑苦しくないのでご心配なく。

こんな人におススメ

✔ 飲食店で働く人
✔ 飲食関係の人
✔ 食品廃棄に疑問を持つ現場の人
✔ 志を持つ飲食業の人
✔ 飲食に興味のある人
✔ パン屋さん(経営者、社員、パート、バイト全員)
✔ 働き方に疑問のある人
✔ 自営業の人

もうね、たくさんの人に読んで欲しい。
パン屋さんや飲食業の人が特におすすめ。

衝撃作。でも腑に落ちる無理のないハナシ

んもう、目から鱗ボロボロり。衝撃、胸落ち。
まだ3月だけど、今年ナンバーワンの本である。

どうすれば幸せに働けるのか。
徹底的に手を抜いて働く時間を減らし質を高める。

昔の人のやってきたことを学ぶ。身の丈に合った
ことをする。そして、自分の作ったパンでお客さん
にありがとうと言ってもらえる幸せ。多くのファンは
いらない。300人の常連さんがいれば大丈夫・・・。

ビルゲイツ並みにお金持ちなら、飲食店で
働き始める新卒の若者全員に配りたいくらい。

飲食で長年働いていると食品廃棄の現場に否が応でも
立ち会ってきた。まだ食べられるのに捨てちゃう。
安く売る、周りの人に上げるならまだしも、ブランド
イメージ最優先で絶対廃棄というお店もある。
最悪だよね。もう売れんけど食えるなら、食えん人が
手に入るようにすりゃあ良いのに、と長年思ってきた。
特にパン屋は酷い。廃棄が毎日山盛り。バンバン作って
バンバン捨てる。空しい現代的商売の成れの果て。悲しい。

でも本当ならパンを食べものを大量に作って売れ残った
からって捨てないのが当然じゃん?食べもんナメンなよ。

じゃあ捨てないためにはどうするの?それが、手抜き。
先人の知恵を学ぶこと、うんぬんかんぬん。
とにかく面白い。お話が分かりやすい。強引に自分の畑に
持っていくことはしないので論理に無理もない。


俺のハートに風穴を開けた、捨てないパン屋!

さんのお話。おススメです。

捨てないパン屋
手を抜くと、いい仕事ができる→お客さんが喜ぶ→自由も増える

田村陽至 著

⇒Amazonリンク

 

 

ひじき石塚(撮影:mitsumi.)

ひじき石塚(撮影:mitsumi.)

 

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
かさこバンドTHE PINK HEARTSギタリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

 

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

Follow me!