階段を効率よく上っていく方法

階段を効率よく上っていく方法

エレベーターも
エスカレーターも
ないなら

歩いて一段ずつ
自分の力で

登っていくしかない

効率の良さは、登る努力以外にナシ!

ピンクハーツ(撮影:よしだひろふみ)

ピンクハーツ(撮影:よしだひろふみ)

近道もショートカットもない場合、
自分の足を動かして登るしかない。
コツコツコツコツ。
大変かもしれないけれど、足を
動かした分だけ高いところまで行ける。

 

例えば、バンドでの演奏。

 

最初からしっかりとした技術を持った人
たちが集まって組むバンド以外は、顔を
合わせて練習して、息を合わせて上達して
コツコツと階段を上っていくしかない。
もちろん、いつでも
個人練習で階段を登れ
る準備
をしておかねばならない。

 

いま、ワラビーズ以外で参加している
かさこバンドTHE PINK HEARTSも
そんな即席の集まりである。
4/14にワンマンコンサートを控え、
残す全体練習はあと1回きり。

そんな中、最後の局面でBunさん曲※が
立ちはだかる!
大きな山だ。曲中に仕込ま
れたさまざまな
仕掛け(曲のアレンジ)が、
バンド演奏に
次々と試練を与える
(難易度高めという意味・笑)

 

ピンクハーツ、ここが踏ん張りどころだぜ。
本番まであと1か月。

 

コツコツと階段を上って行くしかねえ。
バンドメンバー全員で階段を登り切った姿を
ぜひ観に来ていただければ!
かさこバンドワンマンコンサートチラシ(©2019 ひじきデザイン)

かさこバンドワンマンコンサートチラシ(©2019 ひじきデザイン)


岡山県でイジメられッ子と初心者
ミュージシャンの為の「秘密基地」を
主宰されるBunさんが制作した、かさこ作詞作曲の楽曲。

激しく起伏に富み、かっちょよい。
メッセージ性を浮き彫りにしてくる秀逸なアレンジが特徴

◆岡山駅から徒歩10分!初心者とイジメられっ子のための音楽レッスンルーム「秘密基地」
◆Bunさんのブログも秀逸なので読んでみて!
ひじき石塚@ピンクハーツ(撮影:よしだひろふみ)

ひじき石塚@ピンクハーツ(撮影:よしだひろふみ)

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
かさこバンドTHE PINK HEARTSギタリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

Follow me!