超簡単!サトイモの水耕栽培【観賞用】

超簡単!サトイモの水耕栽培【観賞用】

干からびかけていた
サトイモを小鉢に水を
入れて放っておいたら
芽が出てきたよ!

食べてよし、鑑賞もよし、
サトイモで食育

サトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

サトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

キッチンの出窓のところにいつか食べよう
と思っていた小さなサトイモを2つばかり
放っておいた。数か月たって、もう食べる
こともないし、お得意の水耕栽培をやってみっか
と思い立つ。

サトイモなど、お芋の仲間はかなり長い期間
の保存に耐えうる。イモ部分に栄養をたっぷり
蓄えているんだ。だから、腐っていなければ
大丈夫。生きている。ぱっと見、干からびて
いそうでもね。

食べなかったとしても、こうして観賞用に
育てることもできる!というのをお伝えする
ためにもチャレンジした次第。

 

小鉢に水を入れて、ポイっと入れる。

サトイモ兄弟ヤング(撮影:ひじき石塚)

サトイモ兄弟ヤング(撮影:ひじき石塚)

始めたのは、2019年4月25日のことだった。

4/29のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

4/29のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

数日たつと、芽が出始めてきたようだ!
生きてるぜ。サトイモ兄弟。

彼らをここで、サトイモ兄弟と名付ける。
無骨にタフに大きなって欲しい。

5/5のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

5/5のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

5月5日。
まだにょっきりとは出てこない。
じっくり攻めるぜ。

水耕栽培を始めて2週間弱、陽当たりの良い
南向きの
窓辺に置き、水枯れしないように
見守った。やったことはそれだけ。
すると、出た!

5/13のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

5/13のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

5月13日のサトイモ兄弟。
まるで、カブトムシのようでもある。
イカすぜ。

5/13のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

5/13のサトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

サトイモ兄弟の片割れを正面からみると
モンスターのようでもある。
ナウシカの王蟲のようでもある。

サトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

サトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

カッコいいぜ。
にょきにょき葉っぱを伸ばしまくって欲しい。

なぜサトイモの水耕栽培をしているの?

鑑賞用のため。
食べられる野菜の意外な一面、食の面白さを
伝える食育ロックのワラビーズの活動の一環
でもある

これからのサトイモ兄弟から目が離せないぜ。

サトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

サトイモ兄弟(撮影:ひじき石塚)

関連記事
グリーンピースのまめ男とまめ子の記録

豆もスゴイ!

撮影:mitsumi.

撮影:mitsumi.

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

 

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画
ワラビーズ(撮影:mitsumi.)

ワラビーズ(撮影:mitsumi.)

Follow me!