土日になると家に押しかける宗教の勧誘に思うこと

土日になると家まで押しかける宗教の勧誘に思うこと

それって

イメージアップや
信者を増やすには

逆効果じゃね?

 

週末、土日になると我が家までこぞって
やってくる人たちがいる。宗教の勧誘だ。
(他には政治団体の方もおられる)

自分たちの信仰する宗教、マジ最高なんで
あなたも一緒に最高です!って最高な気分で
いかがですか?救われますよ。

要約するとこういった具合。
やってくるのは、おとなしそうなご婦人二人組、
子どもを連れたお母さんバージョン、おとなし
そうなおじさん編などなどがる。

筆者は、無宗教。
あなたの信仰心には敬意を払うんで
オレのプライバシーにも敬意を払って
ちょうだいね、という意味合いで毎回お断り
するか、土日のインターホンには出ない。

だって、うっとおしいから。勘弁して。
その行為で、あなたの宗教に興味を持つことも
集会に行くことも決してないよ。必要なら自分で
調べて研究する。

訪問布教してくる人をワラビーズのファンに
例えるならこういう感じ。

ぴんぽ~ん♪

はーい、どちら様ですか?

ガチャ(ドアを開ける)

 

『私、ワラビーズというロックバンドに
命掛けてまして、すっごく
快感で絶頂で
最高で楽しいんです。この冊子を読んで
いいただいて、一緒にファンに
なって
みませんかロケンロ~!』

・・・
・・・間に合ってます。(くそっ知るか、オレの時間返せ)

ガチャ(ドアを閉める)

こんな具合。

どうしたって、感じ悪い。
うっとおしいし、押しつけがましい。
救われたくてもお前だけには頼らんわ!

なんて思われてしまうかもしれない。
別に、その宗教自体について良いも悪いも

私は思わない。こうした行為がうっとおしい
と感じるのだ。

そんなリスクを背負ってまで彼らはなぜ
訪問勧誘なんぞをしているのか。

・修行
・布教には試練がつきもの
・ボロいアパートに住む庶民は救われたがっているだろうとの計算
・正義の押し付け
・訪問して初めて知ってもらうこともできる

などが考えられる。
筆者が住む「練馬ひじき城」は、築数十年の
素敵なアパート。だからこそ、彼らが狙ってくる
のかもしれない。高級住宅街に住む方にも聞いて
みたい。来ます?勧誘。

宗教自体の価値とそれを信じる者の行為は
別である、と曽野綾子さんもおっしゃっている。
別に宗教を信じること、宗教を揶揄するつもりは
全くない。

まとめ

宗教の訪問布教活動は、うっとおしく
感じられて逆効果である。

とはいえ、こういう布教のスタイルは
いつまでもなくならないだろう。(信仰の
自由も認められているしね)

ネットでの発信や交流で伝えた方が
よっぽど効果的だと思うけどなあ。
感じ悪くなりにくいし、必要な人に
届きやすいのではなかろうか。

撮影:かさこ

撮影:かさこ

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

ワラビーズ(撮影:mitsumi.)

ワラビーズ(撮影:mitsumi.)

Follow me!