70haの田んぼ!茨城県坂東市のお米農家さん訪問:施設&レクチャー編

見渡す限りの
田んぼを管理する
茨城県坂東市の
お米農家さんを
八百屋の産地研修
で訪問!

山崎さんの田んぼ(撮影:ひじき石塚)

山崎さんの田んぼ(撮影:ひじき石塚)

↑この画像の田んぼが100m×50mで0.5ha。
この広さの140倍ほど?の広さでお米作り。
超ハンパねー。

なんと70ha!東京ドーム15個分の面積でお米を栽培

筆者のライスワークである八百屋の産地
研修で茨城県坂東市でお米栽培などを営む、

農業生産法人(有)アグリ山崎さんを訪問した。
なんと、お米を約70ヘクタールもの
広大な面積で栽培しているという。

田んぼ田んぼ(撮影:ひじき石塚)

田んぼ田んぼ(撮影:ひじき石塚)

想像つく?
700000㎡(七十万平米)ってどんだけよ?

東京ドームが15個も収まるほどの面積。
小学校の校庭が70面ほどの面積。ほわっつ?

ハルジオンと田んぼ(撮影:ひじき石塚)

ハルジオンと田んぼ(撮影:ひじき石塚)

まあ、とにかく見渡す限りのそこいら
一帯ってことよね。自分のトコの土地だけ
ではなく、借りたりもしているそう。
ハンパないぜ。

こだわりの肥料たったの1種類

山崎社長(撮影:ひじき石塚)

山崎社長(撮影:ひじき石塚)

自宅と併設している施設群などで、まずは
レクチャータイム。お米への熱い愛を感じるぜ。

アグリ山﨑オリジナル水稲用肥料の説明(撮影:ひじき石塚)

アグリ山﨑オリジナル水稲用肥料の説明(撮影:ひじき石塚)

この有機質のオリジナル肥料だけを
使っているそう。まっさらの田んぼに
使って5年ほどでようやく理想的な状態に

なるとか。

「(田んぼを)貸してた人に、これはうちの
土地の米じゃねえな~って言われたんですよ。
あまりに美味しすぎるっていうんですね笑。」
ハンパねえ。

 

オリジナル肥料がどっさり(撮影:ひじき石塚)

オリジナル肥料がどっさり(撮影:ひじき石塚)

オリジナルの肥料の表面の数字(真ん中あたり)は
窒素・リン酸・カリ の割合だそうな。

オリジナル水稲用肥料(撮影:ひじき石塚)

オリジナル水稲用肥料(撮影:ひじき石塚)

山崎さんのところでは、化学合成された農薬
や肥料を使わないようにしているそう。
田んぼも慣行栽培(一般的な農薬使用量)、
有機栽培(茨城県で最初の
有機JAS認証)、
特別栽培米、栽培期間中の化学合成された
農薬不使用&肥料最小限の田んぼと
分かれているそうな。

肥料専用耕運機(撮影:ひじき石塚)

肥料専用耕運機(撮影:ひじき石塚)

この耕運機のようなマシーンは
肥料を撒くためだけの専用機。
70haに撒きまくるぜ。
カッコイイ。

専用の農業用マシーンがゴロゴロある!

イチバン巨大なコンバイン (撮影:ひじき石塚)

イチバン巨大なコンバイン
(撮影:ひじき石塚)

変身する正義の味方系のロボ?かと見紛う
巨大な耕運機。そばや麦、お米もイケちゃうとか。

そう、広大な面積で農業を営むアグリ山崎
さんのトコには、専用の農機具(一台うん千万?)
がごろごろある。必要だもんね。

タイヤも巨大なマシーン(撮影:ひじき石塚)

タイヤも巨大なマシーン(撮影:ひじき石塚)

カッコいいぜ。

渋い耕運機(撮影:ひじき石塚)

渋い耕運機(撮影:ひじき石塚)

育苗ハウス内にあるマシーンたち(撮影:ひじき石塚)

育苗ハウス内にあるマシーンたち(撮影:ひじき石塚)

使い込んだフォークリフト(撮影:ひじき石塚)

使い込んだフォークリフト(撮影:ひじき石塚)

使い込んでいるぜ。

背中に椅子がある!フォークリフト(撮影:ひじき石塚)

メンテ中?フォークリフト(撮影:ひじき石塚)

座席がひっくり返ったフォークリフト。

ショベルカーもあるぜ(撮影:ひじき石塚)

ショベルカーもあるぜ(撮影:ひじき石塚)

工事現場並みの機材がずらり。
設備投資額がハンパねー。

倉庫や施設もデカい!

お米の倉庫(撮影:ひじき石塚)

お米の倉庫(撮影:ひじき石塚)

当然ながら、倉庫やら施設がドでかい。
出荷を待つお米の倉庫&精米機?
精米しているシーンをカメラに収めた
かったぜ。

精米機?(撮影:ひじき石塚)

精米機?(撮影:ひじき石塚)

懐かしい米ぬかのほのかな香りが
漂う。落ち着くぜ。

有機米専用施設(撮影:ひじき石塚)

有機米専用施設(撮影:ひじき石塚)

有機栽培専用の倉庫。有機JASを取得するには
専用の施設だのなんだのと必要。どえらいんだぜ。

木製パレット(撮影:ひじき石塚)

木製パレット(撮影:ひじき石塚)

育苗パレット造り設備(撮影:ひじき石塚)

育苗パレット造り設備(撮影:ひじき石塚)

お米の苗をなんやかんやする施設。
上のマシーンは、種もみをパレット
に植え付けるマシーンと思われる。

熱湯消毒水槽(撮影:ひじき石塚)

熱湯消毒水槽(撮影:ひじき石塚)

種もみを最初に殺菌するための水槽。
通常は、農薬を使ったりするのだが
山崎さんのところではすべて熱湯消毒
だそう。60度のお湯で10分間。
これだけで、農薬を使うよりも「バカ苗」
=使いもんにならない苗、が出にくいそう
である。なるほどね~。

育苗ハウス(撮影:ひじき石塚)

育苗ハウス(撮影:ひじき石塚)

育苗のハウス。めっちゃ暑くて広い。

育苗ハウスの内部(撮影:ひじき石塚)

育苗ハウスの内部(撮影:ひじき石塚)

「昼間は暑くて隠れちゃってますが、カエルや
オタマジャクシもいるんですよ~。」農薬は
使わんのねー。

育苗ハウスでカエル探し(撮影:ひじき石塚)

育苗ハウスでカエル探し(撮影:ひじき石塚)

さっそく長靴に履き替えてカエルを探す
チビッ子軍団。

水深は浅い育苗ハウス(撮影:ひじき石塚)

水深は浅い育苗ハウス(撮影:ひじき石塚)

土の上にビニールシートを張って、15㎝くらい
水を入れてある。地面は固い!

育苗苗ベイベー(撮影:ひじき石塚)

育苗ベイベー(撮影:ひじき石塚)

青々しい、苗が美しい。稲イーね!
(ワラビーズ
未発表音源タイトルより)

 

後半は、いよいよ田んぼへレッツゴー!

田植えするひじき石塚(撮影:加藤の乱)

田植えするひじき石塚(撮影:加藤の乱)

そして事件は田んぼで起きた?!
生き物写真も目白押しでお届け。

続きは次の記事にて。
お楽しみに米べーーー!!

>>田んぼ天国!茨城県坂東市のお米農家さん訪問:田植え実践編

※補足

許可をいただいて取材、お話を聞いたり
体験させていただいております。一般の
方がアポなしで押しかけてもご迷惑を
お掛けするかと思いますので、お米を
購入するだけにしましょう。

 

リンク
★(有)アグリ山崎

 

撮影:藤繁和(わらびネーム:やさしげ)

撮影:藤繁和(わらびネーム:やさしげ)

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

◆食育ロックコンサートのご依頼を承っております◆
ワラビーズは幼稚園や保育園、親子イベントなどに
出張して食育ロックコンサートを開催しています。
気になった方は、ぜひお声がけください!

◆食べものをテーマとした楽曲制作も承っております◆
地方の名物料理や、お店の看板メニュー、思い出の料理
など、ロック調の楽曲でしたらワラビーズにお任せください!

ちなみに、お電話でもご対応しております。

◆ひじき石塚 090-1774-8198
(※24時間留守電対応。メール以外の御用があればどうぞ)

ひじき石塚が提供する3つのサービス

1:ワラビーズの出張!食育ロックコンサート
10万円(企業向け)/5万円(教育機関向け)
2:ワラビーズの食育ロック楽曲制作
5万円~
3:ひじきデザインのデザイン制作
料金は内容による
(すべて税込。交通費、印刷代別途)

>>ご依頼、ご相談はこちら

ワラビーズを知りたい方にお勧め記事

・食育ロックコンサート2018全公演
・これさえ読めば丸わかり!わらびサービスはコレだ
・食育ロックコンサートお役立ち4か条
・ワラビーズが同業者と違う9つのポイント
・親子イベントに出張!食育×ロックのワラビーズ活動紹介動画

ワラビーズ(撮影:mitsumi.)

ワラビーズ(撮影:mitsumi.)

Follow me!