優と秀どっちが上?青果の等級の謎

優と秀どっちが上?青果の等級の謎

正解は

秀 > 

 

青果は農協が定めた見た目や色味などの基準、
等級がある。その中で、一番良いものから順に

特秀・特選


ってなランク分けがされている。(※
何のためかというと、日本人好みの
見た目のよいモノを
消費者に届けるべく
厳しい厳しい基準を作って
来たから。
日本人はとにもかくにも見た目にうるせー。
中身が大事じゃろ!なんて思うけれど。

面白いよねーーー。

普通の語感でいうと、『優秀』って言うから
優の方が良いものなんじゃないかって思っちゃう。
でもまあ、ひときわ優れていることを表す
『秀逸』という言葉を考えるとなんとなく納得。

八百屋で働いていて、ビビビッと違和感を
感じるのが段ボールに書かれたこの等級。

秀って書かれているから、販売用だな。
優ってことは、調理用っと。

こんな感じ。

他には、A品・B品なんていう区分けもある。
こちらも、見た目や色味や形でランク別け
されたもの。贈答用にされるのは、見た目
がとにかく良い秀品やA品。

まあ、ランク分けがされていようとも
農家さんが丹精込めて作られた食べもの
だし、味なんて大差ないので気にせず
モリモリ食べよう。

普通の買い物ユーザーが目にするのは、
スーパーや八百屋で段ボールのまま
詰まれている時くらい。

八百屋トリビアでした。

メロンを食べるひじき石塚2(撮影:mitsumi.)

メロンを食べるひじき石塚2(撮影:mitsumi.)

※ 地域や種類で変わることもアリ

八百屋ではたらく食育ロックボーカリスト
ひじきデザイン デザイナー

ひじき石塚

ひじき石塚が提供する3つのサービス

1:ひじきデザインのデザイン制作
料金は内容による
(すべて税込。交通費、印刷代別途)
2:絵画、アートワーク
料金はご相談
3:レポート取材&撮影
料金はご相談

>>ご依頼、ご相談はこちら

Follow me!